引っ越し 電気 立会い

MENU

引っ越しの時に電気の立ち会いは必要なのか

引っ越しの時に電気を止めたり使う場合には、立ち会いは必要なんでしょうか。

 

東京電力の場合は、建物のオートロックなどで東京電力のサービス員の人だけでは使用量の確認ができない場合や現地で精算をする場合以外には立ち会いは必要がありません。

 

最終分の使用量の確認には、通常は東京電力のサービス員の人が電気の使用停止日の翌日にしてくれます。

 

希望があれば使用停止の当日にサービス員が来てくれる事もあるので、連絡をしてください。

 

関西電力の場合は、廃止日までの料金を廃止される日の当日に現地にて支払いを希望をする場合と電気のメーターが自分の立ち会いなしでは確認ができない場合は立ち会いが必要になりますがこれら以外は立ち会いは必要がありません。

 

しかし、契約メニューや当社供給設備の状況で立ち会いをお願いされる場合があります。

 

基本的には、電気は開始と停止とともに立ち会いは必要がないです。

 

電気は、ブレーカーを上げたり下げたりをするだけになります。

 

ですから、後は電気会社へ電話をするだけでいけます。

 

オール電化の場合は、長期で入居者が入っていないときは、漏電防止のためにブレーカーの元栓をはずしていることもあります。

 

ブレーカーのコードが外れてしまっている場合には立ち会いの工事が必要となります。

 

電気を使用停止の時は、立ち会いはいらない事が多いです。

 

分からなくて電気会社へ申し出をするとブレーカーを切って引っ越してくださいと指示をされます。

 

ブレーカーを、切っておけば検針員が検針をして料金は日割りで請求をされます。

関連ページ

引っ越しの前に確認したい電気とガスと水道と電話の手続きについて
引越しをする時に必ず行う電気・ガス・水道・電話の手続きについて。
引っ越しの際、電気の手続きは電話で出来るのか
引越しの時に必要な電気の手続きについて。
引っ越しで前の家の電気代を払わないとどうなるか?
引っ越しで電気代を払わないで引っ越しをした場合、それまで住んでいた住居の電気代はどうなるの?
引っ越しで電気と水道とガスの利用停止や利用開始について
引越しの際に必ず行う電気、ガス、水道の手続きについて。
引越しする時にインターネット回線の見直しをするなら
引越しをする時にインターネット回線の契約を見直しませんか? 回線の見直しについてはこちら。
引越し料金がインターネット契約で安くなるという業者を利用してインターネットの引越しには要注意
引越しの時、インターネット契約することで料金が安くなるという業者に注意した方がいい理由。
インターネットの解約をして引越すならお得なインターネット契約をしよう!
引越しの際、今使っているインターネット回線は不要になります。お得にインターネットを解約する方法を知りたい方はこちら。
引越しの際、インターネットを解約するならいつまでにするべき?
インターネットを利用している場合、引越しする前に解約手続きが必要になります。インターネット回線の解約をいつまでにするかが分からない方はこちら。