ビタミンは加齢臭に効果があると言われています。 ビタミンの中でも特に、抗酸化作用のあるビタミンCとビタミンEに加齢臭を減少させる効果があるとされているのです。 加齢臭の原因は、加齢と共に分泌量が増える皮脂の中の脂肪酸が酸化すること。 ですから、脂肪酸の酸化を防止することによって、加齢臭を抑えることができるでしょう。 そして、ビタミンCとビタミンEには、俗にいうアンチエイジング効果である抗酸化作用があります。 また、抗酸化作用により活性酸素を抑えるだけでなく、細胞の再生力を正常に戻す働きも期待できます。 つまり、細胞の老化を防止して、免疫力を増加させる働きがあるわけです。 身体の老化を遅らせることも、当然、加齢に伴って増加する体臭である加齢臭の防止に繋がります。 食事からの摂取が難しい場合には、ビタミン系サプリメントなどを利用するという手段もあるでしょう。 それに、青汁などにもたくさんのビタミンCやビタミンEが含まれています。